今期最新おすすめ人気アニメの感想考察ランキングを書いていきます。

ヌクログ 【今期最新おすすめ人気アニメ感想&ランキング】

アニメ日記

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第26話最終回 愛娘を救え!有馬たくや!「この世の果てで恋を唄う少女」評価☆3【感想考察ネタバレ】

投稿日:

スポンサーリンク

総評

シュタインズ・ゲートが元にしたとされるエロゲーのアニメ化だったけど期待してなかった分思った以上に面白かったな、謎の異世界編も結構楽しめてしまったし、

しかし最終回は怒涛の展開でちょっとご都合主義がかなり出ていたな、てっきり超念石の場所を把握してからタイムリープで戻り超念石をGETするのかと思ったらなぜか石を持った状態でタイムワープしてくるんだもんな、あれはユーノの不思議パワーなのかな?

その後何故か普通にタイムリープしてユーノの所に行ってるし、これはアニメでカットされてるだけで原作だとちゃんと説明があったのか? まぁでもユーノちゃんを一人にせずにたくやが寄り添ってくれてたからご都合でもなんら構わないけどね・・・ あのままユーノちゃんが一人で苦しむ展開だけはあってはならないと思ってたんだ、

面白さで言えばブラッシュアップされてるシュタゲ程じゃないからこのアニメを進めるぐらいならシュタゲの方を進めたいところだ、シュタゲファンなら見てみてシュタゲとの違いを探してみるのも面白いかも。

主人公 有馬たくや

シュタゲの元ゲーだけど主人公の性格はまったく違ったな、今作の主人公有馬たくやは初期の性格が下種いエロゲー主人公らしい性格で物語が進行する事に特に娘を持ってからは性欲がなりを潜めて落ち着いた性格になっていった、

シュタゲの鳳凰院凶真こと岡部 倫太郎は初期は厨二全開で物語の進行とともに理性的な頭脳派キャラになっていく、倫太郎が自らの頭脳と機転で苦難を乗り越えるのに対して有馬たくやはほとんど物語に流されていくだけの悪い言い方をすれば無能だったな、

しかしたくやはコミュニケーション能力が非常に高くて仲間をどんどん作っていく能力は倫太郎には無い力じゃないかな、異世界に来てたった一人で妻や仲間を作り、レジスタンスのリーダーへ取り入り、収容所で発揮したリーダーシップで仲間をまとめ上げる、これらの能力は倫太郎には無い力だろう。

スポンサーリンク

ヒロイン争奪戦と島津澪 ちゃん

主人公が選んだヒロインが現実世界のだれでも無く異世界であったセーレスという突然出てきた金髪の女の子だったのは驚きだったなw 

個人的に島津澪ちゃんが一番好きだったのに最後には有馬たくやと会う事すらなく終わってしまった、さすがに時間がたちすぎてるし妻子も持ってしまっているからたくやは彼女の事を忘れてしまってるんじゃないかな・・・ 

なにげに一番悲惨な女の子かもしれない、彼女はたくやが世界からいなくなったのをしらないんだしな、せめて最後に一言声をかける描写ぐらい欲しかったな、あのままだと決して結ばれない主人公の事をひたすら思う事になって貴重な青春を無駄にしてしまうぞ。

波多乃神奈

この子は主人公有馬たくやと異世界であったレジスタンスリーダーアマンダの子供のような印象で物語が展開していたけど個人的に神奈ちゃんの母親はアマンダで父親は主人公とは別だと思ってるよ、

性格がまったく違うんだよね、アマンダもたくやもどちらかと言うと明るいハツラツとしたタイプで神奈ちゃんのおとなしい性格と合わないんだよな、神奈ちゃん並みに落ち着いていたセーレスとたくやの娘であるユーノがどちらかというとセーレスよりの外見なのに性格は明るいタイプになっていたのにその大人しい遺伝子をまったく持たない二人から神奈ちゃんが出来るとは思えないんだよな、

レジスタンスのアマンダなら房中術にも長けている可能性は十分にあるし現世に来てからの食い扶持に身売りをやっていてもなんらおかしくない、その上で出来てしまった子供って説の方がしっくりくるんだよな、

ユーノ

最後は思念体のような存在になったユーノと有馬たくやが寄り添って終わってしまった、たくやは現世での関係や友達たちよりもユーノを選んだんだな、最初は軽率な主人公にうんざりだったが最後の最後にはしっかり漢を見せてくれた、ユーノちゃんも寂しくは無いだろう。

スポンサーリンク




-アニメ日記
-,

Copyright© ヌクログ 【今期最新おすすめ人気アニメ感想&ランキング】 , 2019 All Rights Reserved.